悩みを話すということ

メンタルな悩みは往々にしてなかなか話ずらいものです。

友達、家族にはなしても届かなかったり、励まされたり…

 

メンタルケアさくらでは、本当にそういった悩みを寄り添い、お聞きします。

今までも何度も言いましたが、まず悩みを話して、理解されることが必要です。

 

さくらに、僕に、お話しください。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ユイ (火曜日, 10 12月 2013 05:28)

    私には誰にも話せずずっと考えている悩みがあります。カウンセラーの先生に話して理解してもらえるとは思えません。だから誰にも話さない。でも本当は話したい。誰かに聞いてもらいたい。でもそれが怖いです。でも聞いてほしいのが本音のような気がします。

  • #2

    伊藤陽一 (水曜日, 11 12月 2013 15:51)

    ユイ様、
    話したい。誰かに聞いてもらいのなら、良かったら僕に話してくれませんか?誰にも言えないことを話すなら他人の方がいいと思います。ユイさんにとって僕は知らない人。だからこそ話せるのではないでしょうか?
    理解できるのかは聞いてみないと正直、僕にも分かりません。できる限りきちんと話をお聞きしたいです。話すことで少し楽になることもありますよ。

2020.2月の休業日

 2月9日午後、休業致します。

 

 

 水曜日休み